top of page

佐々木 玲音選手インタビュー(スペイン5部/Olivenza CF)

更新日:3 日前






・プロフィール

名前:佐々木 玲音


出身地:茨城県土浦市


ポジション:ウイング、ナンバー10


経歴:

つくばFC ジュニアユース

→青森山田高校サッカー部

→駿河台大学サッカー部

→ジョイフル本田つくばFC

→AD Sporting De Hortaleza

→CD Betis San Isidro

→VSF Amern 1910

→FC フエンテ東久留米

→AD Cartaya

→Beas CF(レンタル)

→RC Recreativo De Huelva(レンタル)

→Palencia Cristo Atletico B

→Olivenza FC


・今までのサッカー経歴

(幼少期から現在の経緯)


小学1年の時に同じ小学校に通っていた同級生に勧められ、それ以降、サッカーという夢のある最高のスポーツかれこれ15年以上愛し続け、今に至ります。父が昔からロナウジーニョが大好きで、その影響を受け、昔から「サッカーはリーガエスパニョーラ」そんな固定概念を抱き、「いつか自分も憧れのスペインで」という思いでサッカーをしてきました。

当時から「Jリーグなんてつまらないから見ない。俺は絶対にスペインでサッカーするから」そんな非現実的なことを口にし、毎日、海外のレプリカのユニホームで生活するような生意気な子供でした。

そんな僕が、ずっと夢だったスペインで今現在サッカーをしています。

スペインに行くほどサッカーがうまいの?とよくSNSなどを通して質問を頂きますが、答えはNoです。

Jリーグのクラブから声がかかるどころかその土俵にすら立てなかった学生時代を過ごしました。高校時代は今話題の青森山田高校出身で僕はプレミアリーグ、選手権と二冠をとった廣末世代でしたがスタメン争いに敗れ、一度もトップチームで出場は出ませんでしたし、BチームとCチームを行き来するようなどこにでもいる普通の選手でした。

それでも夢にまで見た憧れの国でサッカーがしたかったんです。親に頼み込み、何度も説得をし、一度入学した大学を退学し、実現しました。

そんな僕ですが、もちろんまだまだですが、年月をかけて着実にステップアップをし、少しずつこの国で自分の地位を確立してきました。

必ずこの手で、いやこの足で恩返しがしたい。そんな気持ちで25歳になった今も毎日必死にボールを蹴り続けています。

スペインで選手としての価値をつけ、日本に戻り、Jリーグで家族や友達、お世話になってきた人が見てる中でプレーすることが今の僕の夢でもあり、僕の目標です。




・スペインでサッカーをして感じること

勝ち負けへの強いこだわりがとにかくすごいです。練習最初のウォーミングアップではみんな笑顔でコミュニケーションを取りながら楽しくワイワイやっていても、ミニゲームやゲーム形式の勝敗がつくメニューになるとさっきまで笑ってた選手達の表情が一気に変わるんです。若手がベテランに向かって当たり前のように足裏を見せて狩りにいきますし、スラングを使った口論や掴み合いの喧嘩は日常茶飯事です。でも、それだけ負けることが嫌いなんです。練習ですら彼らは負けたくないんです。そんな環境で日常的に幼少期からずっと切磋琢磨してやってきた彼らがサッカーが上手いなんていうのは当然だといつも感じてプレーしています。



・ Tercera RFEF でプレーして感じること

高校卒業後、スペインの下から二つ目のカテゴリーSegunda Aficionadoからスペインでのキャリアをスタートさせました。そこから半年ごとにステップアップを繰り返し、今のTercera RFEFのカテゴリーまで来ることが出来ました。

下から二つ目のカテゴリーから今のカテゴリーまで全部で5つのカテゴリーを経験してきましたが、そん中で感じたことはTercera REFEからレベルや環境、チームメイトやライバルの質が一気に変わるということです。一緒の土俵で肩を並べる選手はラリーガのクラブのカンテラで育ってきた人がほとんどで、未来のスターが集うラリーガのクラブのBチームも多く所属するリーグです。サッカーだけで生活してる人も多く存在し、とにかく選手のほとんどがここで結果を出して、来年は上のカテゴリーへ、もっと良い条件のクラブへステップアップすることだけを考えている選手です。実際にTercera RFEF経験者がプリメーラやセグンダ、他の国で大金を稼ぐような選手になってるなんて話もよく耳にしますし、夢を見れるカテゴリーです。


・会社(Azul Marino)の印象

選手の意思を尊重し、自分の価値をより高めてくれる会社です。

とにかく高いレベル、いい環境の下でサッカーがしたいという選手であれば当然抱く要望を実現に向けて実行してくれます。実際に僕自身Azul Marinoと契約させてもらってから、手厚いサポートあって、たった2年で3つカテゴリーアップを実現させました。


・これからスペインでプレーする選手に向けて一言

サッカーはもちろんですが、スペインにはその他にも魅力がたくさんあります。話せなくても積極的に行動することをオススメします!



閲覧数:101回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page